読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊かで、明るく、満ち足りた場所『これが見納め』

『これが見納め 絶滅危惧の生き物たち、最後の光景』 出版社:みすず書房 著者:ダグラス・アダムス / マイク・カーワディン 訳者:安原知見 原著:Last Chance To See (1990)

むかわ町のプロジェクトX『ザ・パーフェクト』

土屋健『ザ・パーフェクト ハドロサウルス発見から進化の謎まで』 誠文堂新光社(2016年)

継続観察の力『サイチョウ』

北村俊平『サイチョウ 熱帯の森に種をまく巨鳥』 東海大学出版(2009年)

あなたの知らない野外調査の世界『熱帯アジア動物記』

松林尚志『熱帯アジア動物記 フィールド野生動物学入門』 東海大学出版(2009年)

未来につなぐ『二万年の奇跡を生きた鳥 ライチョウ』

中村浩志『二万年の奇跡を生きた鳥 ライチョウ』 農山漁村文化協会(2013年)

イヌたちの大平原『南米最大のオオカミを追う』

TV

www.nhk.or.jp NHK BSプレミアム ワイルドライフ 『ブラジル 乾燥の大平原 南米最大のオオカミを追う!』(2017/1/30放送)

体当たり科学ロケ番組『村山斉の宇宙をめぐる大冒険』

TV

www.nhk.or.jp NHK BSプレミアム コズミックフロント☆NEXT 『村山斉の宇宙をめぐる大冒険 宇宙の始まりを探る』(2017/2/9) 『村山斉の宇宙をめぐる大冒険 宇宙に終わりはあるのか?』(2017/2/16)

ガラスの檻に囲まれて『オートメーション・バカ』

『オートメーション・バカ 先端技術がわたしたちにしていること』 出版社:青土社 著者:ニコラス・G・カー 訳者:篠儀直子 原著:THE GLASS CASE: Automation and Us (2014)

清く、苦しい『グラン・ヴァカンス』

飛浩隆『グラン・ヴァカンス 廃園の天使Ⅰ』 早川書房(2002年)

ボゴリア湖…『不思議の湖に100万羽のフラミンゴが舞う』

TV

www.nhk.or.jp NHK BSプレミアム ワイルドライフ 『アフリカ大地溝帯 不思議の湖に100万羽のフラミンゴが舞う』(2017/1/23放送)

愛か『魚好きやねん』

『魚好きやねん』 東海大学出版(2016)

愛をAIに乗せて『アイの物語』

山本弘『アイの物語』 角川書店(2006年)

なぜ人は野鳥観察をするのか『鳥たちに人生を重ねて』

TV

放送:NHK-BS1 2017年1月24日 原題:BIRDERS; The Central Park Effect(アメリカ 2012年)

それでも魚を食べたい『鮭鱸鱈鮪 食べる魚の未来』

『鮭鱸鱈鮪 食べる魚の未来 最後に残った天然食料資源と養殖漁業への提言』 出版社:地人書館 著者:ポール・グリーンバーグ 訳者:夏野徹也 原著:FOUR FISH: The Future of the Last Wild Food (2010)

見えざる手を導く人『データの見えざる手』

矢野和男『データの見えざる手 ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則』 草思社(2014)

2016年 ベスト・アルバム

年も明けてしまったが、2016年に聴いたアルバムのお気に入りを10枚。ややチャラい音楽をよく聴いた。 No.10 White Lies / Friends No.9 The 1975 / I Like It When You Sleep, For You Are So Beautiful Yet So Unaware Of It No.8 Chance the Rapper / Colo…

そこに愛も生まれる『そもそも島に進化あり』

川上和人『そもそも島に進化あり』 技術評論社(2016)

ロサンゼルスで探鳥をすべき7つの理由

出典:Birding in L.A.: 7 Reasons to Do It, and How to Get Started (LA WEEKLY 2012年5月29日) 諸用でLA近くに滞在している。趣味の探鳥の助けにと該当記事を読んだので、概要をまとめてみた。「野鳥観察(birding)はダサくない!」という序文は飛ばす。…

あるのやらないのやら『謎の凶星「ネメシス」』

TV

NHK BSプレミアム コズミックフロント☆NEXT 『謎の凶星「ネメシス」 大量絶滅の真相に迫る』(2016/3/31放送) 引用元:THE UNIVERSE Nemesis: The Sun's Evil Twin(アメリカ 2011年)

ロンドンを走る恐竜『イギリス恐竜図鑑』

TV

NHK Eテレ 地球ドラマチック 『イギリス恐竜図鑑 第1回 ”恐竜”の誕生』(2016/4/2放送) 『イギリス恐竜図鑑 第2回 ティラノサウルスの祖先』(2016/4/9放送) 原題:DINOSAUR BRITAIN (イギリス 2015年) 製作:Maverick Television

料理しか食べられない『火の賜物』

『火の賜物 ヒトは料理で進化した』 出版社:NTT出版 著者:リチャード・ランガム 訳者:依田卓巳 原著:Catching Fire - How Cooking Made Us Human (2009)

撹乱と保全『巨大津波は生態系をどう変えたか』

永幡嘉之『巨大津波は生態系をどう変えたか 生きものたちの東日本大震災』 講談社ブルーバックス(2012)

川ガキのすすめ『川の名前』

川端裕人『川の名前』 ハヤカワ文庫(単行本:2004年)

理論と観測と評価『宇宙創生』

『宇宙創生(上・下)』 出版社:新潮文庫 著者:サイモン・シン 訳者:青木薫 原著:BIG BANG (2004)

いかに自然と渡り合ってきたか『食糧と人類』

『食糧と人類 飢餓を克服した大増産の文明史』 出版社:日本経済新聞出版社 著者:ルース・ドフリース 訳者:小川敏子 原著:The Big Ratchet: How Humanity Thrives in the Face of Natural Crisis (2014)

冬の栄養『長い旅の途上』

星野道夫『長い旅の途上』 文春文庫(単行本:1999年刊)

私の15曲『ビートルズを聴こう』

里中哲彦・遠山修司『ビートルズを聴こう 公式音源全213曲完全ガイド』 中公文庫(2015)

学習伝記まんが的すばらしさ『天地明察』

冲方丁『天地明察』(2009)

ダークヒーロー『悪魔くん』

『悪魔くん 貸本版』 出版社:チクマ秀版社 著者:水木しげる 原典:『悪魔くん』全3巻(東考社・1963‐64年) <ぞんざいなあらすじ> 社長の息子の家庭教師を命じられたサラリーマン・佐藤は奥軽井沢へと向かう。そこに待っていたのは、悪魔を呼び出す研究…

ミートハンガー『ステーキ!』

『ステーキ! 世界一の牛肉を探す旅』 出版社:中央公論新社 著者:マーク・シャツカー 訳者:野口深雪 原著:STEAK (2010)

鳥につづく道『恐竜学入門』

『恐竜学入門 ―かたち・生態・絶滅―』 出版社:東京化学同人 著者:David Fastovsky, David B. Weishampel 監訳:真鍋真 訳者:藤原慎一・松本涼子 原著:DINOSAURS : A Concise Natural History (2nd edition) (2012)

持続可能性とおいしさ『食の未来のためのフィールドノート』

『食の未来のためのフィールドノート 「第三の皿」をめざして』 出版社:NTT出版 著者:ダン・バーバー 訳者:小坂恵理 原著:THE THIRD PLATE : Field Notes on the Future of Food (2014)

よみがえる恐竜少年『愛しのブロントサウルス』

『愛しのブロントサウルス 最新科学で生まれ変わる恐竜たち』 出版社:白揚社 著者:ブライアン・スウィーテク 訳者:桃井緑美子 原著:My Beloved Brontosaurus : On the Road with Old Bones, New Science, and Our Favorite Dinosaurs (2013)

本当に人間は多すぎるのか『地球を食い尽くすのは誰?~“人口爆発”の真実~』

TV

放送:NHK-BS1 2015年10月27日(再放送) 原題:POPULATION BOOM(オーストリア 2013年) 製作:Nikolaus Geyrhalter Filmproduktion