カレーライス、だあいすき『カレーライスと日本人』

カレーライスと日本人 (講談社学術文庫)

森枝卓士『カレーライスと日本人』

講談社学術文庫(2015年)

 

 私の住む札幌でカレーといえば、やはりスープカレーである。スパイスの効いたさらりとしたスープに盛りだくさんの具を浮かべ、ライスを浸して食べる。元々は薬膳をヒントに札幌で生み出されているものの、東南アジアテイストの装飾をしたり、ラッシーも一緒に出したりして、なぜか異国感が演出されたりする。そうかと思えば天ぷらをトッピングしたりして、なんとも自由な料理である。

 このスープカレー、日本で主流のルーカレーと全く違うのに、カレーとしかいえない感じがするのはよくよく思えば不思議である。スパイスが効いていて辛いからだろうか。ところが本書の冒頭にあるように、マレー式カレーは辛くない。色だって赤や緑など様々だ。何をもってカレーといえるのかを疑問に思った著者は、インド・イギリス・日本のカレーを巡ることになるのであった。

 カレーの発祥はインドであるものの、カレーという呼称はもともとインドにはなく、現地の言語をもとに欧州国が呼び始めたもののようだ。インドにおけるカレーとは、唐辛子やコリアンダーターメリックなど複数のスパイスをすりつぶし調合したマサーラを使った汁気のある食べ物ではないか、ということまでを著者は突き止める。

 ところがインドのカレーには日本のカレーのような特徴は見られない。小麦粉でとろみはつけられていないし、ジャガイモ・ニンジン・タマネギといった具もない。そもそも日本の辞書におけるカレーの定義の多くは「カレー粉を使ったもの」で、カレー粉はイギリスのC&B社が世界で初めて製造販売したのである。

 したがって、日本におけるカレーはイギリスから伝来したのである。イギリスに行って1861年のレシピ本を調べると、小麦粉を加えてとろみをつけるという記載がある。明治のはじめに、この作り方と共に日本にカレー粉が伝わったのだ。こうして日本では西洋料理として扱われたがために、同じく西洋料理であるシチューと徐々に融合しながら、西洋野菜であったジャガイモ・ニンジン・タマネギを入れる料理として独自の発展を遂げたのである。

 カレーは他の西洋料理と異なり、スパイスで肉の匂いを隠し、また価格も安かったため、西洋化し肉食を始めたばかりの日本では受け入れられやすかった。さらに軍隊での食事として供されたことから、大正から明治にかけ、軍隊がえりの人々が家庭でも食べるようになった。これにより、都市部だけでなく地方でも家庭料理としての浸透が広がったとみられる。こうしてカレーは日本人の国民食としての地位を確立したのだった。

 読了後、さっそくカレーが食べたくなる。スープカレーじゃなくてルーカレーだ。札幌の名店「コロンボ」にいそいそと向かったところ、店外に続く長い行列。現在まで連綿と続くカレー人気を改めて思い知らされた。

今月きいたもの(2018年10月)

Novo Amor『Birthplace』(2018年)

バースプレイス

 ウェールズのシンガー。今時珍しく、カーラジオで耳にして知ったアーティスト。ボン・イヴェールとかアウスゲイルとか、そのままなんだけど、こういうのに本当に弱い。ユーフォリアがテイクマイハンドしてくれる。



Novo Amor, Ed Tullet『Heiress』(2017年)

Heiress

 そんなわけで過去作も。こちらは冷たい荒野が広がるような壮大さをたたえており、これも良い。冷え冷えとしていて、夜に聴くのにぴったり。それにしても「跡取り娘」というアルバムタイトルはなんでしょう。

 

Parcels『Parcels』(2018年)

パーセルズ

 オーストラリアの5人組。かつてダフト・パンクのプロデュースを受けたシングルで話題になったとか(本作には未収録)。確かにRAM的なディスコ、AOR中心で、カッティングギターにもにっこりできる爽やかな1枚。

 

DJみそしるとMCごはん『ジャスタジスイ』(2015年)

ジャスタジスイ

 とんでもない量の餃子をたたみながら、ひたすらきいていました。ポップで可愛らしくてちょっとふざけているところが良いですね。

今月みたもの(2018年10月)

ポール・グリーングラスユナイテッド93』(United 93)2006年

ユナイテッド93 [DVD]

 2001年のアメリ同時多発テロにてハイジャックされた4機のうち、唯一ターゲットに到達しなかったユナイテッド航空93便の様子を描いた映画。綿密な調査に基づいたリアリティ、無名俳優や当事者本人を出演させたことで生まれた記録としての質感。終盤にかけての緊張感と、ドラマ性のない結末まで、本当に徹底されたドキュメンタリー性を感じる。テロリストが見せる焦り、飛行機の乗客が発揮した残虐性を目の当たりにすると、美談として終わらせない姿勢を強く感じる。『ダンケルク』みたいな体験映画。

 

ロバート・レッドフォード『リバー・ランズ・スルー・イット』(A River Runs Through It)1992年

リバー・ランズ・スルー・イット [DVD]

 モンタナ州を流れるブラックフット川を中心としたある家族の肖像。淡々としるけどとてもいい映画だった。家族の絆の象徴としてフライフィッシングが登場するのだが、川と対峙するこの瞬間は、何にもまして美しく豊かである。

 タイトルの「イット」とは何か考えながら観ていたが、一言で表すのは難しい。川は、そこに転がる石ができた5億年前からの歴史も、家族の感情も、言葉も、何もかもをたたえてそこに流れ続けるのだろう。

今月きいたもの(2018年9月)

Troye Sivan『Bloom』(2018年)

Bloom

 南アフリカ出身、オーストラリア育ちというシンガーのセカンド。ただただ高揚するだけではなく、深く広がるようなイメージも持たせるポップアルバム。The Killers好きの私にちょうどいい。「The Good Side」や「Postcard」などの染み入る曲もとてもいい。

 

Wild Nothing『Indigo』(2018年)

INDIGO (IMPORT CD)

 ロサンゼルス発のプロジェクトの4枚目。80年代感が色濃いドリームポップ。耽美な雰囲気が溢れます。

 

Blood Orange『Negro Swan』(2018年)

Negro Swan

 美しくメロウだけど、緊張感をはらんだソウル。秋の夜長のお供に。

 

Big Red Machine『Big Red Machine』(2018年)

Big Red Machine

 Bon IverとThe Nationalの融合。それで想像する通り、壮大で、地に足のついた浮遊感(?)が味わえる。